a free way of lifeby masae

| ENTRY | CALENDAR | CATEGORY | ARCHIVE | COMMENT | RECOMMEND | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

治兵衛の職人さんたちは、8日から仕事始めです。

 

私は、7日の日曜日に美紀さんが主宰するセミナーのお手伝いに行ってきました!

英国ウイッチホードポタリ―のオーナージム・キーリングによる特別なセミナーでした。

私もいくつかウイッチホードのコンテナを使用していますが、作り手のお話を聞くとまた違った目線を持てます。

ジムさんがイギリスの伝統を守っていくために、常に今の時代のあったものという視点を取り入れながら作っているということ。

そして、それは伝統技術のあるものこそ難しい課題であるという話しが印象に残りました。

 

共働きが多い今は、奥さんが美しい器(手作りのもの)で食事を出すという機会も減っていくという中では

どうしても伝統的なものが私たちの日常生活からどんどんなくなっていってしまうことになる・・・というお話もありました。

 

このような状況は日本だけでなくイギリスまた、世界中でおこっているのだと思いました。

生活が便利になればなるほど、忙しくなっているような気がします。

 

ガーデニングという仕事をしていると、時代の流れに逆らっているような気がする時があります。

人が癒されたり、喜びを感じるのは、けっして便利な社会の中にあるのではないと感じます。

 

今週末から岡山県の備前市では、日本の伝統技術の備前焼とウイッチホードのコラボプロジェクトのイベントが始まります。

詳しくはhttp://wfpottery.exblog.jp/ の中でイベントの情報が掲載されていますのでご覧ください。

 

セミナー後にジムさんと記念写真

 

| 11:40 | お仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by masae |
スポンサーサイト
| 11:40 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://masaeohana.jugem.jp/trackback/268
<< NEW | TOP | OLD>>